基礎編
Lesson 1
レイアウトの基本
Lesson 2
見出しで差をつけよう
Lesson 3
写真は重要なポイント
Lesson 4
校正について


企画編
Lesson 1
楽しい新聞作り
Lesson 2
新聞の方針は?
Lesson 3
バランスと書く視点
Lesson 4
取材方法を考える
Lesson 5
その他の提案
Lesson 6
アドバイス


Q&A


 
 学校新聞制作マニュアル > 基礎編

Lesson 4 校正について
 
 校正とは、印刷前の校正刷りと原稿を比べ、誤字・脱字、仮名づかい、書体の間違いなどに赤字をいれ、同時に文意や書かれている事実の間違いにも気を配り、なおかつレイアウト、写真などの不備な点を直していく作業のことです。
 一見、やさしそうな校正技術も、漢字かな混じり文という複雑な日本語の表記のため、その習得にはかなりの年数を必要とします。例えば、一般(大人)向きと児童向きとでは、送りがな・熟語の書き表し方1つをとっても異なり、「対象読者に合わせた文字表記」をいかに整理し校正できるかなども技術の1つです。
 
校正の知っておきたいポイント!
 
誤りやすい漢字の例

全体に注意すべき字
⇔   ⇔   ⇔
下部に注意すべき字
⇔   ⇔   ⇔
上部に注意すべき字
⇔   ⇔   ⇔ 簿
右部に注意すべき字
⇔   ⇔   ⇔


誤りやすい熟語の例

完壁 ⇒ 完璧
最少限 ⇒ 最小限
感概 ⇒ 感慨
遇然 ⇒ 偶然
亨年 ⇒ 享年
一諸 ⇒ 一緒
分折 ⇒ 分析
言語同断 ⇒ 言語道断


文章によって使い分けが必要な熟語の例

異常 ⇒ 異状
意思 ⇒ 意志
意義 ⇒ 異議
回答 ⇒ 解答
実態 ⇒ 実体
詐欺 ⇒ 詐偽
小数 ⇒ 少数
召集 ⇒ 招集
徴収 ⇒ 徴集
露天 ⇒ 露店
関心 ⇒ 感心
民族 ⇒ 民俗


注意点と校正記号

校正はなるべく赤ペンを使ってください。
書き込む文字は楷書で明瞭に書いてください。
訂正のための引き出し線は原則として右上に引きます。
引き出し線は誤字を消すようにして、はっきり誤字の上から引きます。
引き出し線は、なるべく短く引くように心掛けてください。
書き込む訂正の文字は、なるべく活字面を避け2、3行前の行間に書き入れるか、空白の部分を利用して書き入れると分かりやすいです。
 
校正記号の記入例
校正内容 校正指示(記号)
誤字を直す
文字を入れる
取り去る
取り去ったあとをあけておく場合(スペース)
字を入れ替える
はなれた字を入れ替える
消し誤り
(修正しない)
句読点を入れ替える
中黒丸を入れる
 
校正内容 校正指示(記号)
明朝体に直す
ゴチックの書体に直す
字間をあける
全体を下げる
(1文字分)
全体を上げる
(1文字分)
改行にする
行をつづける
(改行しない)
ルビをつける
ルビを取り去る
 
 
▲Page Top
 


音成印刷〜つながろうプロジェクト〜
音成印刷トップページへ

Copyright(c)2012 Otonari Printing co,. Ltd. All Rights Reserved.